【ダイエット・筋トレ】初心者向け、リバウンドしない為には男性でも女性でも絶対筋トレしてほしい

ぬるめです(。-`ω-)

今日は、ダイエットする人なら男性女性問わず筋トレをして欲しい!!
って話を書いていこうかと思います。

筋トレすると腕とか足が太くなるじゃん、それは嫌!!とか

別にムキムキになりたいわけでは・・・とか

色々あると思います、気持ちはわかります。

ただ

そんな簡単に腕や足は太くなったりしません!

僕はダイエット目的で軽い筋トレをしていますが、全然マッチョではありません(´;ω;`)
そういった心配はせず、むしろダイエットをする人こそ筋トレしよう!!ってオススメしております

ダイエットにおける筋トレの意味とは

筋肉量を落とさない

とりあえずこれが最大の目的です。
ダイエットするからには、どんな形であれ摂取カロリー<消費カロリーの法則にならなければいけません。

そうすると脂肪と一緒に少なからず筋肉も落ちていきます。
それを防ぐために筋トレを行い、筋肉量を維持する必要があるのです。

筋肉量が落ちると、せっかく食事を制限して理想の体重・体系になったのに
食事の量を戻した時に太りやすい(リバウンドしやすい)身体になってしまうのです。

基礎代謝アップ

筋肉というのは、身体を動かしたり体温を作り出すのに非常に重要な役割を持っています。
筋肉が脂肪をみるみる内に燃やす!!!なんて事はないけども、日々の生活の中で消費する
エネルギーの量を増やしてくれることに間違いありません(。-`ω-)

くどいようですが、基礎代謝については前記事を見てください。

関連記事

こんにちは、ぬるめです。 今回はダイエットにおいて一番最初に実践してほしい 基礎代謝を知る事について書いていきたいと思います。 基礎代謝を知る事で自分の1日の消費カロリーを知ることができ 食事の内容や運動のレベルを決める基準[…]

【POINT】
筋トレをすることによって、軽い引き締め効果も期待できます!
見た目の面でもメリットがあるのでオススメです。

効率を重視するなら大きい筋肉を鍛えよう

筋肉量を維持、または増やすには大きい筋肉を鍛える事が効率が良いです。

ここでは代表的で鍛えやすい4つの筋肉を紹介します。
もちろん、これが全てではありませんが初心者にオススメするならこのあたりかな~と自分が思ってるだけです(; ・`д・´)

大腿四頭筋(太もも)

人間の筋肉の中で最も大きい筋肉です。
ダイエットにおいて鍛えるのに一番オススメしたい部位です。

大殿筋(お尻)

お尻の筋肉も大きい部類に入ります。
ここを鍛える事により基礎代謝アップはもちろん
キュッと引き締まったお尻になるので、女性にもオススメしたい部位です。

大胸筋(胸)

厚い胸板にあこがれる男性は多いと思いますが、ダイエットにおいても
大きい筋肉に入りますのでオススメできます。
また、女性にとってはバストアップが見込める部位なのはよく聞く話ですね。

上腕三頭筋(二の腕)

段々と目線が女性寄りになってきました(`・ω・)
基礎代謝アップ+たるみがちな二の腕の引き締めに欠かせない部位です。

 
詳しい鍛え方は今後の記事で解説予定!!
とりあえず今回は気鍛えた方が良い筋肉として紹介するよ~

そんなに沢山できないよ!!→スクワットをオススメします

スクワットの簡単な説明

①足を肩幅より少し広めに開く

②つま先よりヒザが前に出ないように腰を落とす(ヒザの角度が90度を目安に)

③ゆっくり元の姿勢に戻す

以上!!(youtubeとかで検索すると星の数ほど動画が見つかります)

太ももとお尻を重点的に鍛えられる!!

このスクワット、なんと先ほどオススメとして挙げた太ももとお尻の筋肉を同時に鍛える事が出来ます。
何すればいいかわかんない!!って方はとりあえずスクワットしておけば間違いないです。
今回これが言いたいが為に記事を書いてるようなものです。

僕もスクワットめちゃめちゃしてます、最近太ももとお尻細くなったね!!って言われるようになりました。

スクワットしようぜ!!

大きい筋肉を鍛えれば基礎代謝が大幅アップ!!

僕個人の考えとしては、基礎代謝を維持・上げる為にスクワットをしつつ
他に挙げた大きい筋肉を、見た目的に気になる部分を中心に鍛える事をオススメします。
そうすれば効率よく筋肉量を増やし、木になる部分を引き締める事ができるからです。

筋トレをする頻度

初心者は週に2~3回から始めてみよう

平日に1~2回、土日どちらかで1回できれば習慣化できるかなぁと思います。
意識するべきは、もう少しペースを上げても大丈夫かな?というレベルでスタートする事です。

筋トレによる効果<続ける習慣を身に着ける

どんなにハードなトレーニングも継続しなければ効果は絶対に出ませんからね!

慣れてきたら別の部位も

なんとか自分の生活にトレーニングする習慣が身に付いたら
スクワット以外のトレーニングにもチャレンジしてみると良いです。

また違った刺激があって、モチベーションも上がります。

 
僕は太もも・お尻に加え【胸・腕・背中・肩】をトレーニングしてるよ!

気を付けたい事

食事をしっかりとろう

筋トレの記事なのに食事かい!!!

って自分で突っ込みたくなるところですが、本当に大事です。
自分の基礎代謝分のカロリーは最低限摂取しないとダメです。

身体を車に例えると、食事でとるエネルギーはガソリンです。

どんなに走ろうとしても、燃料が無ければ走りません。
本来持っている力を出し切れず、筋トレの効果が低くなります。

ケガにも繋がるので、絶対に食事はしっかりとりましょう。

休息も必要、筋肉痛の時は特に

筋肉痛はあなたが筋トレを頑張った証拠です。
僕は筋肉痛でニヤニヤするタイプの変わり者ですが
筋肉痛になった部位は最低でも2日は休息させます。

 
身体を休めるのもトレーニングです

こちらも早く結果を出したいが為に毎日でも頑張りたい!!

って考える方がいると思いますが、あせらず気長にやりましょう。

自分の限界に近い頑張りは長くは続きません。
継続する事がダイエット成功への近道なのです。

最後に

僕がダイエットする上で大切にしていることは、絶対にリバウンドしない事です。
リバウンドしない為に筋トレは必要不可欠な手段、という事で自信をもってオススメします。

毎日ハードにする必要はありません、自分にできるレベルで継続しましょう。
そうすれば必ず結果はついてきます、一緒に頑張りましょう!!

ぬるめでした。

最新情報をチェックしよう!