【初心者向け】停滞期が来た人に伝えたい事、僕はこうやって乗り越えてます。

こんにちは、停滞期中のぬるめです。

ダイエットをしている人にとって、停滞期とは大きな壁です。
かくいう僕も、今年に入ってからでも停滞期に3回ほどぶつかっています。

そして今回が、その3回目というわけなんですが
もうかれこれ3週間くらいは体重に変化がありません。

忘年会シーズンなのもあるんですが、それ以外では食生活や運動の内容が
変わったわけではありません。

同じような状況の方、きっと多いんじゃないでしょうか

今回の記事はメンタルの話が大部分ですが、僕が停滞期を乗り越えてきた経験から
停滞期中の過ごし方について書いていきたいと思います。

 

関連記事

ぬるめです。 今日はダイエットの失敗談について話していこうと思います。 僕のダイエットも最初から今までずーーっと順調だったかと言われれば 全然そんな事はありません。 むしろ人より遠回りだったよチクショウ!! まぁそ[…]

 

 

停滞期について

 

停滞期の期間

おおよそ、2週間~長くても1カ月という風に言われています。

僕の場合、大体3週間以内には停滞期を脱出し再び体重の減少が始まりますが
今回は最長記録を更新し、3週間ほど経ちますが未だ体重に大きな変化はありません。

 

なぜ停滞期が来るのか

僕達人間の身体は、体重・体脂肪を一定に保とうとする性質があります。
恒常性維持機能(ホメオスタシス)と呼ばれる誰にでもあるものです。

この機能によって身体は省エネモードになり、消費カロリーが少なくなり
食事から多くのエネルギーを摂取できるよう、吸収効率を上げたりします。

これが停滞期の正体と言われています。
多くの人は減量開始後1カ月、もしくは体重の5%が減ったタイミングで
実感する方が多いと思います。

 

停滞期についての考え方(最重要)

 

停滞期が訪れるのは体重がある程度減ったからです。
身体が『あ、なんか体重落ちてきたな・・・身体の燃費下げないと』
となっている状態です。

体重の低下が止まって不安になる気持ちも十分わかりますが
そもそもダイエットしてて、ある程度結果が出ているからこそ停滞期が来ます。

ですから、停滞期が来る=今までのダイエットの方法は間違っていなかったと
ポジティブに考えてほしいと思います。

 

停滞期を乗り越える方法

 

そのままの生活を継続する

停滞期が来る=体重が落ちてきているという事なので
基本的にはそのままの生活を続けて入れば、数週間後には再び体重が落ち始めます。

色々試したくなる気持ちもわかりますが、それは1カ月ほど経ってからでも遅くはありません。
太らなければダイエットは失敗ではなので、自分をもう少し信じてあげてください。

 

体重が維持できていれば問題無し

省エネモードになった身体も、徐々にその生活に慣れてくればノーマルの状態に戻ります。
↑にも書きましたが、太らなければダイエットは失敗ではありません。

停滞期に突入したら、身体をその生活に慣れさせる事が大事なので
体重がキープできていればなんの問題も無いのです。

 

僕が実践していない事(オススメしない)

 

チートデイor過度な食事制限

体重が落ちなくなった、よし!そろそろチートデイだ!!
体重が落ちなくなった・・・食事の量をもう少し減らさないとダメかなぁ

どちらも考え方としては間違っていません。
しかし、停滞期に突入した時に安易にこれらの行動をとるのはオススメできません。

停滞期とは身体が省エネモードになっているという事は説明しましたよね?
エネルギーの吸収効率が上がっている時にチートデイを行うと

『お!食べ物が沢山来たぞ!吸収しとかないと!』

となります。

また、チートデイとは言え食べ過ぎてしまえば元も子もありません。
今まで消費したエネルギーを無駄にしない為、カロリー計算はしっかりしましょう。

逆に食事量を減らすと

『エネルギーが全然無い・・・もっと消費エネルギーを抑えないと』

となります。

低燃費モードにさらに拍車がかかり、負のスパイラルに突入します。

 

運動量を上げる

身体が低燃費モードになっているので、運動によるエネルギー消費も
もちろん低くなっています。

こちらも同じように、身体が低燃費モードなのにさらに消費エネルギーを増やすと
さらに低燃費モードに拍車がかかりますのでオススメできません。

 

停滞期はダイエットを頑張っている人にしか来ない

 

最初にも書きましたが、停滞期はダイエットをしててある程度結果が出ていないとやってきません。
停滞期はダイエットを頑張った結果なのです。

目標に到達しないまま停滞期を迎える方がほとんどだと思いますが
頑張った自分に対して、さらに食事や運動の制限をキツくするのはオススメできません。

どうしても気分を変えたいという方は、食事量を少しだけ増やしてみたり
運動量を少しだけ軽くするのもオススメできます。

身体に対し、『エネルギーは不足していないんだよ』とわからせてあげる事が出来れば
停滞期を抜ける近道になるかもしれません。

とはいえ、今までのダイエットで結果が出ているので
そこまで極端に生活を変える事はしなくても良いです。

自分を信じて、じっくり待って停滞期を脱出しましょう。
1~2カ月ほど待っても身体に変化が無いなら、今の生活を見直したりして
別のダイエット方法を試してみたりしてみて下さい。

それくらいの時間をかけてもダイエットは大丈夫です、あせらず頑張りましょう。

ぬるめでした。

最新情報をチェックしよう!